LG化学、フタル酸ジオクチルの事業から撤収か

その他

LG化学、フタル酸ジオクチルの事業から撤収か

聯合ニュースは21日、「LG化学が韓国の麗水(ヨス)工業団地にあるPA(無水フタル酸)生産ラインの撤収を検討している」と報じた。

同紙によると、LG化学は最近、同PA生産ラインを撤収することについて議論し、労働組合などの各関係者に関連計画を通告したという。

PAは、プラスチックに柔軟性を与える添加剤である可塑剤(フタル酸ジオクチル; DOP)の原料である。聯合ニュースによると、LG化学は年5万トンのPAを生産している。

(参考記事:[特集]相次ぐ事故、LG化学で何が起こっているのか?
(参考記事:LG化学が偏光板設備を売却へ、一部は中国南京工場へ

同紙は、近年の中国企業の市場参入による収益性低下や、インドでのガス流出事故、デサン工場触媒センターの爆発事故などを撤収の理由として挙げている。

LG化学は最近も、偏光板事業を11億ドルで中国企業に売却したばかりだ。また、インド工場におけるガス流出事故は現地当局などからも厳しく追及されている。

生産ライン撤収によって発生する余剰人員は分散配置する予定であるという。

LG化学の関係者は、聯合ニュースの取材に対し、合理化は常に進められていると答え、撤収について間接的に認めるコメントをしている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない