AIの世界的権威がサムスンの研究組織所長に就任へ

半導体 研究開発

AIの世界的権威がサムスンの研究組織所長に就任へ

サムスン電子は、AI(人工知能)分野の権威であるスン・ヒョンジュン(セバスチャン・スン)アメリカプリンストン大学教授を、サムスン電子の統合研究組織であるサムスンリサーチ所長(社長)に内定した。

スン所長は、韓国を含む、13か国に位置する15のR&Dセンターと、7つのAIセンターにおける未来技術および融複合技術の研究を担当する予定だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。