サムスンが新型ゲーミングディスプレイ「Odyssey G9」を発売

ディスプレイ

サムスンが新型ゲーミングディスプレイ「Odyssey G9」を発売

サムスン電子は25日、歴代最高の性能を持つというゲーミングカーブディスプレイ「Odyssey G9」を国内向けに発売すると発表した。

「オデッセイG9」は今年1月に米ラスベガスで開かれた世界最大のエレクトロニクスショー「CES 2020」において、コンピュータ周辺機器部門の「革新賞」を受賞した製品である。「Odyssey G9」は49型サイズのデュアルQHD(5120×1440)の解像度に対応。サムスン電子は「27型QHD 2台のモニターを並べた様な圧倒的な没入感を与える」と強調した。

同製品の特徴として、
▲32:9スーパーウルトラワイドアスペクト比
▲1000R曲率のカービング広視野角パネル
▲色彩の再現性に優れたQLEDディスプレイ
▲最大1000ニット(nit)の明るさ
▲240Hzのリフレッシュレート
▲G2G基準1msの高速応答速度
▲高画質ゲーム中の画面途切れ現象を低減する、NVIDIAのジーシンクの互換性(G-Sync Compatible)とAMDフリーシンクプレミアムプロ
▲ゲームのジャンルに応じてコントラストと色を自動的に最適化する「ゲームモード」などに対応する。

* G2G(Grey to Grey)は、応答速度を測定する基準の一つとして、明るい灰色から暗い灰色に移行する時間を測定する方法を意味する。

また、各シーンごとの明るさとコントラストを最適化することで映像の立体感を向上させ、正確な色表現が可能なHDR(High Dynamic Range)技術についてHDR10 +ロゴ認証をモニター製品として初めて受け、映像、電子標準化委員会(Video Electronics Standards Association)からハイエンドHDR品質と性能を保証する「VESA Certified DisplayHDR™1000」の認証も獲得した。

また、国際的規格認証機関であるドイツの「TUVラインランド(TUV Rheinland)」より、目に快適なディスプレイであることを証明する「アイコンフォート(Eye Comfort)」認証も受けた。このほか、前面がブラックスリムベゼルになっており、没入感を高め、後面には高光沢ホワイト素材と52色を表現する「インフィニティコアライティング(Infinity Core Lighting)」が適用され、近未来的なデザインが施された。

新製品の価格は出荷が基準190万ウォン(約16万8000円)となっており、25日から韓国のサムスンデジタルプラザなどび店舗とオンラインオープンマーケットで購入できるという。
サムスン電子は9月30日まで「Odyssey G9」を購入するユーザーに「JBL Quantum Duo」スピーカーを試供品として贈呈するイベントを進行する。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部のハ・ヘスン専務は、「Odyssey G9」は、サムスン電子が培ってきた技術力と革新が反映された最高の製品」とし、「今後も様々なラインナップを披露し、急速に成長するプレミアムゲーミングモニター市場をリードしていく」と述べた。

一方、市場調査会社IDCによると、サムスン電子は、2019年の国内ゲームモニター(リフレッシュレート100Hz以上)市場で金額ベース34.9%のシェアを達成し、1位を占めた。
 
(参考記事:「サムスンがeスポーツ企業と提携、ゲームモニター市場攻略に乗り出す」)
(参考記事:「サムスンD「自社OLEDパネルが5G時代最適化の認証」と発表」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない