浦項工大など「QD-OLED素材の生成原理の解明」と発表

ディスプレイ 研究開発

浦項工大など「QD-OLED素材の生成原理の解明」と発表

浦項工科大化学科のキム・ソンジ教授、グォン・ヨンジュ博士の研究チームは延世大学(ソ・スンハン総長)のキム・ドンホ教授、オ・ジュウォン博士の研究チームとの共同研究により、これまで知られていなかった、量子ドット(QD)の形成過程に関わる事実を明らかにした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。