サムスン、半導体材料・機器国産化のためパートナーシップ強化

半導体

サムスン、半導体材料・機器国産化のためパートナーシップ強化

サムスン電子は25日、パートナー社との協力を深め、半導体材料・機器を国産化する「Kチップの時代」を作っていくと明らかにした。

サムスン電子広報は、「パートナーと素材・装備共同開発の努力が続々と実を結んでいる」とし、様々な事例を発表。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。