韓国の大企業、グループ内での随意契約が94%…1位はSKの40兆ウォン

その他

韓国の大企業、グループ内での随意契約が94%…1位はSKの40兆ウォン

昨年、韓国の大企業のうち、グループ間での内部取引(随意契約金額)が最も多かったのはSKグループであることが分かった。金額にして40兆ウォン(約3.6兆円)を超えた。

韓国の企業評価サイト「CEOスコア」は24日、公正取引委員会指定の64の大企業のうち、総裁が存在する55の企業グループと2113の系列会社の内部取引形態を調査した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。