[特集]アップルのCPU独自開発とサムスン・ファウンドリへの影響

半導体 特集

[特集]アップルのCPU独自開発とサムスン・ファウンドリへの影響

今週初め、アップルがMacのCPUを自社製に切り替えるというニュースが内外メディアを賑わした。これまでのインテル製に代えて、アップル自身が開発したものを搭載するというのだ。(設計はARM)
 

アップル、インテルを止める

アップルのティム・クックCEOは22日(現地時間)、米国カリフォルニア州クパチーノにあるスティーブ・ジョブズ劇場で(オンラインで)開催された「世界開発者大会2020」(WWDC 2020)において、今後アップルの全てのPC製品に独自開発した中央処理装置(CPU)を使用すると明らかにした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。