LG電子、スタジアム用LEDサイネージを韓国で供給開始

ディスプレイ

LG電子、スタジアム用LEDサイネージを韓国で供給開始

LG電子は28日、スタジアム専用LEDサイネージを韓国国内の野球場に供給したと発表した。

LG電子は、京畿道水原市に位置する「水原KTウィズパーク」内のリボンボード(帯状電光板)を、「LG LEDサイネージ(製品名:LBFスタジアムシリーズ)」によって制作したと明らかにした。一塁から三塁までの内野席のすぐ上にある外壁に設置されたリボンボードは、高さ1m、横330mに及ぶ。これは韓国にある野球場に設置されたLEDサイネージの中で最も長いものだ。

今回設置されたLG LEDサイネージは、輝度(光源の単位面積当たりの明るさの程度)が6000ニト(nit、cd/m2)と明るく、外野スタンドからも各種イベント、選手紹介、応援文句などの様々なコンテンツを鮮明に見ることができる。1秒に4000枚の画面を具現する4000ヘルツ(Hz)とリフレッシュレートが高く、選手らの躍動的なプレーを滑らかに映し出す。

また、LG電子は、グラウンド内のバックストップ(本塁裏の空間)にも「LG LEDサイネージ(製品名:LBSスタジアムシリーズ)」を活用し、高さ約1.5m、横約9mの広告物を設置した。

LG電子は、これまで蓄積した技術力とノウハウを基に、LEDサイネージの設計および設置から製品状態をリアルタイムでモニタリングできるシステムまですべて提供した。

LG電子は、各種競技場の環境に最適化された、スタジアム専用LEDサイネージのラインナップを揃えた。今回設置したLBF、LBSスタジアムシリーズを含めた全7種を運営している。

LG電子のイム・ジョンス韓国B2Bマーケティング担当は、「スポーツなど様々な産業群に最適化されたLGサイネージの革新技術力を前面に出し、顧客価値基盤のソリューションを持続的に提供する」と述べた。
 
(参考記事:「LGが「高画質で設置しやすい新型LEDサイネージ」を発売」)
(参考記事:「LGがCESで超大型の有機EL造形物を展示。サイネージ200枚分」)
(参考記事:「サムスンがソウルの地下鉄駅90箇所に4218台のデジタルサイネージ設置」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない