日本の輸出規制から1年…韓国の半導体素材株は上昇

半導体 通商・特許

日本の輸出規制から1年…韓国の半導体素材株は上昇

昨年7月に実施された日本の対韓国輸出規制(輸出管理強化)以降、韓国の半導体素材関連の一部企業株価が2倍以上の急騰を示していたことが分かった。

29日、聯合ニュースは、金融情報会社のインフォマックスや韓国取引所の情報を基に、半導体製造関連の素材企業であるトンジンセミケム、ソルブレインホールディングス、ラムテクノロジーなどの株価が1年前に比べ100%以上上昇したと報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。