TSMCとサムスン電子に続きグローバルファウンドリーズも大規模投資か?

半導体

TSMCとサムスン電子に続きグローバルファウンドリーズも大規模投資か?

世界ファウンドリ(半導体委託生産)3位の企業であるグローバルファウンドリーズ(GlobalFoundries)がアメリカ内に追加投資の可能性を示唆した。

朝鮮日報は26日、トム・コーフィード(Tom Caulfield)グローバルファウンドリ―ズ最高経営者(CEO)がロイター通信とのインタビューにおいて、「ニューヨークのマルタ工場にある30~40%の遊休地に装備を設置し、12~14ヶ月以内に生産量を大幅に増やせる」とし「マルタ近くの敷地には2024年まで新しい工場を建設する計画も検討中」と述べたと伝えた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。