携帯電話の世界シェア、5月はサムスンが首位奪還

スマホ

携帯電話の世界シェア、5月はサムスンが首位奪還

前月(4月)にファーウェイに世界の携帯電話市場でシェア1位を奪われたサムスンだが、5月の集計で再び1位に返り咲いたことが分かった。

チョソンビズ紙は29日、市場調査会社のカウンターポイントのレポートを引用し、サムスンが5月の携帯電話市場シェアで17.2%を記録し1位になったと報じた。サムスンの主力市場である米国、ヨーロッパ、インドなどが新型コロナウイルの影響から脱し、徐々に販売台数が回復したことによるものと分析されている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。