GMがLGのデジタルコックピットに革新賞を授与…21年式エスカレードモデル搭載

ディスプレイ

GMがLGのデジタルコックピットに革新賞を授与…21年式エスカレードモデル搭載

LGグループは30日、LG電子とLGディスプレイがGM(General Motors)より革新賞を授与されたと発表した。

両社は、最近、GMが主催した「今年のサプライヤー賞(Supplier of the Year Awards Ceremony)」を共同受賞した。 GMは過去2016年から毎年、車両の性能と消費者の経験向上に寄与した企業を選定し革新賞を授与している。今年はLG電子とLGディスプレイを含む5つの企業が同賞を受賞したという。

LG電子は、2016年にもLG化学と共同で技術革新の成果と品質の優秀性を認められGMからオーバードライブ賞(Overdrive Award)を受賞している。

今年で28回目を迎えた授賞式は、新型コロナウイルスの影響により、オンラインでのみ行われた。 (本来は今年3月に米アリゾナ州フェニックスで授賞式を行う予定だった)

GMは、プレミアムブランドキャデラック(Cadillac)の2021年式エスカレード(Escalade)モデルに供給されたLG電子・LGディスプレイによるデジタルコックピットシステムの革新性を高く評価したといのこと。LGグループによると、特に運転席を包み込む緩やかなカーブデザインが、優れた視認性を有した審美性が高いインテリアであるとして認められたという。
 

(画像:GMがLG電子およびLGディスプレイに授与したトロフィー=LGグループ提供)

 
エスカレードのデジタルコックピットシステムは、LGディスプレイの超高解像度プラスチックオーレッド(以下P-OLED)ディスプレイをベースとする。インストルメントパネルとインフォテインメント画面が一つに統合された38インチサイズの画面を実現した。完成車にP-OLEDベースのデジタルコックピットを搭載したのは世界初であるという。

LGは、人間工学に基づいたヒューマンマシンインタフェース(HMI:Human Machine Interface)技術をベースに開発したカーインフォテインメント(Infotainment)システムにより、乗客に差別化されたユーザー体験を提供することができると強調した。

LG電子は、2015年に、シボレー(Chevrolet)の電気自動車・ボルト(Bolt)EVにインフォテインメント、インストルメントパネル、駆動部品などを含む主要部品11種を供給したことを皮切りに、GMと様々な分野で協業し、パートナーシップを強化している。

LGディスプレイも高成長が期待される車両用ディスプレイ市場を先行獲得するため、差別化された製品の開発と事業育成に力を集中している。

LGディスプレイのAuto事業担当であるシン・ジョンシク専務は、「世界的なパートナーから超大型車P-OLEDの革新的なデザインと優れた性能を認められて嬉しい」とし、「今後もP-OLEDを介して差別化された顧客価値を創出し、自動車のディスプレイ市場をリードする企業を目指したい」と述べた。

LG電子VS事業本部長であるキム・ジンヨン副社長は、「顧客の視点で悩み、顧客と共に成長する一流のサプライヤーであり続けたい」と述べた。
 
(参考記事:「LGD、車載ディスプレイ好調で株価上昇気配」)
(参考記事:「LG電子、車載インフォテイメントPFを米で公開へ」)
(参考記事:「LGD副社長、P-OLED市場のリードを強調」)
(参考記事:「新型エスカレードに搭載、LGのディスプレイとサムスン(AKG)のオーディオ」)
 
(写真:LGグループ提供)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない