サムスンD、QDディスプレイの生産設備を搬入…LCDラインは売却公募

ディスプレイ

サムスンD、QDディスプレイの生産設備を搬入…LCDラインは売却公募

サムスンディスプレイは1日、韓国にある牙山(アサン)事業場において、QDディスプレイの生産設備を搬入する「QD設備搬入式」を開催した。

昨年10月にQDディスプレイ設備への投資を発表して以来、TV用LCDを生産するL8ラインの一部設備を撤去し、QDラインを構築するためのクリーンルーム工事を進めてきたサムスンディスプレイは、8.5世代蒸着機など設備の本格的なセットアップに突入する。今年の下半期に生産ラインのセットアップを終えたあと、来年から段階的に稼働させ、本格的な製品の生産に突入する予定であることが明らかにされた。

サムスンディスプレイのチェ・ジュソン大型事業部長は、「新型コロナウイルスにもかかわらず、世界的なパートナーとの強固な協力体制をもとにQDへの投資を支障なく進めることができた」とし、「過去20年間で蓄積してきたLCDの大型化技術と量子ドットの分野の進んだ技術力をもとに独歩的な画質をもつQDディスプレイの量産のために最善の努力を尽くした」と明らかにした。
 

(画像:牙山事業所で行われたサムスンディスプレイによるQD設備搬入式の様子=サムスンディスプレイ社提供)

 
この日搬入式に出席したソン・ギュドン=イオテクニクス代表取締役は、「QDが大型ディスプレイ産業に新たな成長動力になると期待している」とし、「世界初QDラインの展開のために、サムスンディスプレイと継続的に協力していく」と明らかにした。

(参考記事:「サムスン、半導体材料・機器国産化のためパートナーシップ強化」)

一方、マネートゥデイ紙によると、サムスンディスプレイは30日、牙山の第8世代LCD生産ラインの売却公募を行い、引き受け候補社に入札提案要請書(RFP)を発送したという。申込の締切日は来月末とされ、9月中旬に手続きを行い、10月には本契約を締結する予定であると伝えた。生産ラインの売却に伴う機器の解体、ライン外搬出などの業務は、サムスン物産が務めたという。

同第8世代LCD生産ラインは、LCD収益性の低下により昨年末稼動が中断された設備であり、月20万台の生産能力を備えている。業界では、中国企業が買収に乗り出すとみている。

マネートゥデイ紙は、「サムスンディスプレイは、8世代LCDラインの位置に2025年までに13兆1000億ウォン(約1兆1700億円)を投資し、65インチ以上の超大型QDディスプレイの生産拠点を構築する計画である」と伝えた。
 
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (上)」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (下)」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、LCD生産ラインを整理へ」)
 

 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない