サムスンD、QDディスプレイの生産設備を搬入…LCDラインは売却公募

ディスプレイ

サムスンD、QDディスプレイの生産設備を搬入…LCDラインは売却公募

サムスンディスプレイは1日、韓国にある牙山(アサン)事業場において、QDディスプレイの生産設備を搬入する「QD設備搬入式」を開催した。

昨年10月にQDディスプレイ設備への投資を発表して以来、TV用LCDを生産するL8ラインの一部設備を撤去し、QDラインを構築するためのクリーンルーム工事を進めてきたサムスンディスプレイは、8.5世代蒸着機など設備の本格的なセットアップに突入する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。