ポスコケミカルが負極材工場の着工式…EV車42万台分・1万6千トン生産

EV電池

ポスコケミカルが負極材工場の着工式…EV車42万台分・1万6千トン生産

ポスコケミカルは2日、電気自動車のバッテリーの核心素材である人造黒鉛負極材の工場建設に着工した。

ポスコケミカルは浦項市東海面において人造黒鉛負極材の生産工場着工式を行った。同行事には、ポスコのチェ・ジョンウ会長とLG化学のキム・ミョンファン社長、イ・チョル慶尚北道知事、イ・ガンドク浦項市長、ポスコケミカルのミン・ギョンジュン社長、ポスコのオ・ギュソク新成長部門長およびビジネス関係者100人余りが参加した。(写真)

人造黒鉛負極材工場は浦項市ブルーバレー国家産業団地内78,535㎡の敷地に2,177億ウォン(約195億円)を投資して建設される。 2023年の完工を目標に年産1万6千トン規模の工場を段階的に造成する予定である。負極材1万6千トンは60kWh基準電気自動車約42万台に供給できる量である。
 
(参考記事:「ポスコケミカル、中国ファユコバルトと共生ファンド組成」)
(参考記事:「ポスコケミカル、次世代EV電池素材「NCMA正極材」の量産開始へ」)
(参考記事:「ポスコケミカルが正極材工場増設 年産2万5千トン分」)
 
ポスコのチェ・ジョンウ会長は、「電気自動車時代の本格到来を控え、国産化が必要だった素材を、私たちの手で直接開発し、量産することになった。」とし、「産業強国の実現、国内バッテリー産業の競争力の確保、ポスコグループの将来の成長のために非常に重要な跳躍の瞬間」と述べた。

負極材は電気自動車バッテリーの核心素材であり、原料に応じて人工黒鉛系と天然黒鉛系に分けられる。人造黒鉛負極材は高温で結晶性を高め製造され、天然系製品に比べて素材の構造が均一で安定した特徴があり、電気自動車バッテリーで必要とされる長寿命と急速充電性能の実装が可能な素材とされる。

これまで、日本や中国から全量輸入してきた人造黒鉛負極材を国産化することで、韓国内のバッテリー産業の競争力を高めるとの意気込みだ。ポスコケミカルは人造黒鉛原料である針状コークスも子会社であるピーエムシテックを通じて生産し、原料から工程までの完全な国産化を成し遂げたと強調した。原料の安定供給が可能なだけでではなく、炭素材料事業のバリューチェーンを高度化させ、付加価値も最大化することができるようになったと同社は説明した。

ポスコケミカルは、世界の電気自動車市場が2020年に約300万台、2025年には930万台と年平均25%以上の急成長をするという市場予想のもと、投資を継続する。

ポスコケミカルは、2023年までに、天然黒鉛負極材10万5千トン、人造黒鉛負極材1万6千トン、正極材を9万トンまで年産能力を増設すると明らかにした。
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない