LG化学のEV電池シェア、今年1~5月累計でも世界1位を維持

EV電池

LG化学のEV電池シェア、今年1~5月累計でも世界1位を維持

今年1〜5月の電気自動車バッテリー市場において、LG化学がシェア1位を維持した。

SNEリサーチによると、1~5月に販売された電気自動車(EV、PHEV、HEV)搭載バッテリーの世界使用量ランキングにおいてLG化学が1位を維持したことが分かった。韓国のサムスンSDIとSKイノベーションはそれぞれ4位と7位を記録し、3社ともTOP 10を維持した形だ。新型コロナウイルスの影響による世界的な市場萎縮の中でも、韓国3社の善戦が続いている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。