[特集]日韓分業正常化で半導体など8.7兆円の効果…韓国の「経団連」が関係改善を提言

ディスプレイ 半導体 特集

[特集]日韓分業正常化で半導体など8.7兆円の効果…韓国の「経団連」が関係改善を提言

 日本の経団連に該当する、韓国の全経連(全国経済人連合会/FKI)は29日、「日本の輸出規制1年の評価と課題」と題するセミナーを韓国ソウルで開催した。高純度フッ化水素など半導体関連3品目について、日本が韓国への輸出規制(輸出管理強化)措置をとってから1年が経つタイミングで開かれた本セミナーでは、韓国の素材・部品の国産化状況や、日韓企業が分業した場合の相乗効果などについて報告がなされた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。