LG電子、「実利型」スマホを海外積極展開

スマホ

LG電子、「実利型」スマホを海外積極展開

LG電子は9日、「実利型」スマートフォンのラインナップを拡大し、グローバル市場攻略を強化すると発表した。

LG電子は7月に、パナマ、ペルー、コスタリカなど6カ国に型スマートフォン「LG K61」、「LG K51S」、「LG K41S」などを発売する。

同社は5月に、メキシコ、ブラジル、韓国(モデル名:LG Q61)などで「Kシリーズ」を発売した。現在までにKシリーズが発売された国は約15カ国にのぼるという。
 
(参考記事:「LG電子「LG VELVETが海外で好評」」)
(参考記事:「LGが低価格帯スマホ「LG Q61」を発売へ」)
 
LG電子は、第3四半期にもKシリーズ発売国を拡大する。 Kシリーズは、クワッドカメラ、6.5型以上の大画面ディスプレイ、大容量バッテリーなどを搭載する。

また、米国国防総省の軍事標準規格である「ミリタリースペック」認証を受け、耐久性も強化された。同規格は、軍の作戦を実行するのに十分な耐久性を備えているという意味で、低温/高温(梱包状態/未舗装状態)、湿度、振動、衝撃、熱衝撃などをテストするものだ。

LG電子は、Kシリーズのほか、5月に北米市場に「LG Stylo6」を発売した。 LG電子は、これまで北米市場に合計6つの同シリーズ機種を発売した。

「LG Stylo6」は、200ドル台という低価格にもかかわらず6.8型大画面ディスプレイ、4000mAhの大容量バッテリーなどを備えている。また、前面に1300万画素カメラ、背面にはそれぞれ1300万、500万、500万画素の基準、超広角、深度カメラを搭載した。

LG電子MC海外営業グループのジョン・スホン副社長は、「お客様に必要な機能と価格競争力を備えた実利型製品を継続発売し、顧客の選択の幅を広げていく」と述べた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない