[特集]スマホのカバーウインドウ素材、プラスチックとガラスの変遷

スマホ 特集

[特集]スマホのカバーウインドウ素材、プラスチックとガラスの変遷

今年2月に発売されたサムスンのフォルダブルフォン「Galaxy Z flip」はガラス(UTG)がカバーウインドウの素材として使用され、その品質や供給社などをめぐって内外メディアが関心を持って報じた。来月5日に発表されると報じられているサムスンの次期フォルダブルフォンについてもUTGが有力であると伝えられる。一方で、昨年はじめて発売されたフォルダブルフォン「Galaxy Fold」はプラスチック(CPI)素材が使用された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。