サムスン、「アジアの1000トップブランド」で9年連続1位に

その他

サムスン、「アジアの1000トップブランド」で9年連続1位に

サムスン電子がアジア主要国の消費者を対象にした調査において、9年連続で「アジア最高のブランド」に選ばれた。

10日、グローバルコミュニケ―ションマーケティング企業のキャンペーン・アジア・パシフィック(Campaign Asia-Pacific)と市場調査専門機関のニールセン(Nielsen)はアジア14か国の消費者を対象に行ったオンライン調査において、サムスン電子が「アジアのトップ1000ブランド(Asia’s Top 1000 Brands」で1位を獲得したと発表した。韓国各紙も報じた。

サムスン電子はこの調査において、2012年以来、9年連続で1位の座を維持している。

2位にはアップルが入り、続いてパナソニック(3位)、LG(4位)、ネスレ(5位)の順でランクインした。LGは昨年6位から今年は4位に2ランク上昇し、昨年4位だった日本企業のソニーは6位と初めて5位以下に転落した。

サムスン電子は今回の調査で「現地で最も影響力があるブランド」「持続可能なブランド」「携帯電話」「テレビ」「スマートホーム技術」分野を含む計5つの分野で1位を獲得した。コンピュータ・タブレット、ホームオーディオ・ヘッドホン、調理家電、ウェアラブル機器の分野では2位だった。

キャンペーン・アジア・パシフィックは発表資料において、サムスン電子の持続的な革新が連続1位受賞の背景だと説明した。特にサムスンのここ数年間の最も大きな革新は「Galaxy Fold」などフォルダブルフォンへの投資だったとし、「(iPhoneが作った)スマートフォンの姿を完全に新しく定義した」と評価した。

今回の調査は韓国をはじめ、中国、オーストラリア、シンガポール、タイなど14か国で8,400人を対象に家電、流通、食品・飲料、金融など15の主要製品ついて最も信頼するブランドを訪ねる方式で行ったという。

(画像:「Asia’s Top 1000 Brands」ウェブサイトキャプション)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない