サムスン電機、自動車用MLCC5種を開発

その他

サムスン電機、自動車用MLCC5種を開発

サムスン電機は12日、自動車用積層セラミックコンデンサ(MLCC)5種を新たに開発し、付加価値の高い電装製品市場を狙うと明らかにした。

サムスン電機は最近、自動車の動力伝達系(パワートレイン)用のMLCC3種とアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)用MLCC2種を開発した。
 
(参考記事:「サムスン電機のフィリピンMLCC工場、正常化間近か」)
(参考記事:「韓国証券会社「サムスン電機は下半期に実績反発 MLCC収益期待以上も」」)
(参考記事:「サムスン電機がMLCCシェア躍進のためタスクフォース新設か」)
 
パワートレイン用のMLCCは、自動車の動力伝達系内部の厳しい高温・高圧環境においても高い静電容量を維持しなければならないため、高度の技術力が求められる。

サムスン電機は、2012サイズ(2.0X1.2mm)の静電容量1.0uF(マイクロファラド)、3216サイズ(3.2X1.6mm)の静電容量2.2uF、3225サイズ(3.2X2.5mm)の静電容量4.7uFの計3種のパワートレイン用MLCCの開発に成功した。

サムスン電機は、「独自材料と超精密工法を適用し、サイズごとに最高電気容量を具現した」と説明し、「自動車用バッテリーはもちろん、5Gネットワーク、産業用機器など、高電圧製品市場に幅広く適用できる」と述べた。

新たに開発されたABS用MLCC2種は、既存製品より寿命が20%長くなり、製品安全性は5%向上された。また、電子部品に加えられる電圧の限界値である耐電圧値も既存製品より1.5倍高くなり、極端的な環境においても安定的に機能するように設計された。

サムスン電機のキム・ドゥヨン副社長は、「特に技術難易度の高いパワートレイン用MLCCまで開発し、自動車用MLCCの全体ラインナップを揃えた」と言い、「これからも差別化した素材・工程技術で製品競争力を強化し、顧客需要に対応する」と述べた。

韓国の証券会社によると、世界のMLCC市場は、現在、16兆ウォン(約1.4兆円)規模で2024年には20兆ウォン(約1.8兆円)規模に成長すると分析されており、世界のMLCC市場において約3割(今年基準)を占めるとされる電装用MLCCが、2024年には約35%まで上昇すると予想されている。
 
(写真:サムスン電機提供)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない