[特集]インドのスマホ市場、中国製ボイコットで韓国製が躍進か

スマホ 特集

[特集]インドのスマホ市場、中国製ボイコットで韓国製が躍進か

先月、インド – 中国の国境地帯であるヒマラヤガルワン谷において、両国の兵士が肉弾戦を繰り広げ、インド人約20人が死亡したことをきっかけに、インド政府が対中国強硬姿勢を取り出した。

ウォールストリートジャーナルなどによると、インド政府は、個人情報保護を理由に「Tik Tok」など、中国系の59のアプリケーションを使用禁止にした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。