サムスンが「6G白書」を公開…次世代通信技術の主導に意欲

その他

サムスンが「6G白書」を公開…次世代通信技術の主導に意欲

サムスン電子は14日、「6G白書」を公開し、「新しい次元の超接続経験(The Next Hyper-Connected Experience)」を提供するとのビジョンを提示し、5Gに続き、6G時代主導に乗り出した。
 

□次世代通信技術ビジョン盛り込んだ「6G白書」公開

サムスン電子は14日、次世代通信技術である「6G関連白書」を公開し、2030年頃に本格商用化が予想される6G時代には、△超実感拡張現実(Truly Immersive XR(eXtended Reality))、△高精度モバイルホログラム(High-Fidelity Mobile Hologram)、△デジタル複製(Digital Replica)などのサービスが登場すると予想した。

サムスン電子は、△コネクテッド機器の爆発的な増加、△AI活用通信技術の拡大、△オープンコラボレーションを通じたネットワークの開発、△通信技術を活用した社会的格差の解消と持続可能な発展などを6G時代の主要なトレンドとして挙げた。

6Gは、最大転送速度1,000Gbps、無線遅延時間100μsecと、5G比で速度が50倍速くなり、無線遅延時間は10分の1に減少するなど、さまざまな面で画期的な性能改善が予想される。

6Gは、モバイル端末の演算能力の限界を克服するためにネットワーク構成要素の最適化設計が不可欠であるとし、ネットワーク構成要素が、リアルタイムで大量のデータを処理し、最適化するためAIが基本適用される「ネイティブAI」の概念が適用されると説明。また、AI技術の進歩によって発生しうるセキュリティおよびプライバシーの問題を予防するための信頼性の確保も要求されると同社は明らかにした。

サムスン電子は、6Gの要件を満たすために研究が必要な分野として、△テラヘルツ(THz)周波数帯域を活用するための技術、△高周波帯域のカバレッジを改善するための新たなアンテナ技術、△二重化(Duplex)の革新技術、△柔軟なネットワーク構成、衛星活用など、ネットワークトポロジ(Topology)革新技術、△周波数利用効率を高めるための周波数共有技術、△AI適用通信技術などを挙げた。

6Gは、来年から、概念や技術要件に関する議論が開始され、標準化作業が着手されるとし、早ければ2028年から商用化に入り、2030年に本格的なサービスが行われると予想される。
 

□世界初5G商用化の経験を基に6Gに備える

サムスン電子は昨年5月、サムスンリサーチ傘下に次世代通信研究センターを設立し、5G競争力強化と6G先行技術の研究を進めている。

サムスン電子は、将来の通信技術を研究する次世代通信研究センターを中心に、海外研究所、国内外の大学、研究機関と協力し、6G通信技術の世界的な標準化と技術開発の生態系を主導する計画であると説明した。

サムスン電子は、去る2012年から5G国際標準化作業に本格的に参加し、技術提案と標準化完成に主導的な役割を果たしたと強調した。

サムスン電子は、2019年4月、世界初となる5G商用化(韓国)に続いて、米国、カナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランドなどの主要国通信社に5G商用化装置を供給している。

サムスン電子は、最大10Gbpsの高速通信が可能な28GHz統合基地局、排他モード(SA)の仮想化コア機器の開発に成功したことに続き、最近AIとドローンを活用したネットワークの最適化ソリューションを発表するなど、5G新技術の開発を通じた市場の拡大にも積極的に乗り出している。

サムスンリサーチ次世代通信研究センター長であるチェ・ソンヒョン専務は、「サムスン電子は、スマートフォンからネットワーク機器、通信、半導体チップまでトータルソリューションによって5G商用化に成功した」と述べた。

続けて、「現在5G商用化の初期段階ではあるが、移動通信技術の世代(交代)が10年であることを考慮すると、6Gへの準備がまだ速いとは言えない」とし、「サムスン電子はこれまで築いてきた技術力を根幹に6G技術研究を本格化させており、今後、産学関連協力を通じて6Gのグローバル標準化と技術開発の生態系を主導的に導いて行く計画」であると明らかにした。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない