ミラノファッションウィーク、サムスンのLEDサイネージで展開

ディスプレイ

ミラノファッションウィーク、サムスンのLEDサイネージで展開

ファッションイベンとして世界的に有名な「ミラノファッションウィーク」が7月14日から17日まで、オンライン上で行われる。同イベントのランウェイはスタジオやショールームに加え、ドゥオーモ広場、平和のアーチのような歴史的ランドマークで開催されることもある。サムスン電子は16日、今年のデジタルランウェイはミラノドゥオーモに設置されたサムスン電子の大型LEDサイネージで展開されると明らかにした。
 
(参考記事:「LGが香港繁華街にOLED大型屋外広告を設置」)
(参考記事:「サムスン、米NFL大型スタジアムに360℃円形のLEDサイネージ設置」)
(参考記事:「LG電子、スタジアム用LEDサイネージを韓国で供給開始」)
 
ミラノファッションウィークを主催するイタリアの国立ファッション協会は、2021年春夏男女フリーコレクションをデジタル映像によって行うことにした。新型コロナウイルスによる苦難のなかでも世界が創作のインスピレーションを絶やさないという意図からだ。サムスン電子は、「このような趣旨に共感し、デジタル技術によりすべての関係の接続と経験が絶えず維持できるよう、スマートLEDサイネージを支援することにした」と説明した。
 

(写真:ミラノドゥオーモに設置されたサムスン電子のLEDサイネージ=同社提供)
 
ミラノドゥオーモは世界的な観光名所として壁面補修工事を進めている最中であり、サムスン電子は2013年からこれを後援し、工事幕を利用したキャンペーンを繰り広げているという。 2019年には、スマートLEDサイネージを設置し、ミラノの訪問者に大聖堂の関連情報だけでなく、サムスンの製品やブランド広告などを送出する屋外広告媒体としても使用している。

ランウェイ映像では、サムスンのQLED 8Kのキャンペーン映像「Shoot in 8K、Watch in 8K」も映されるという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない