シボレーが電気ピックアップトラックを23年発売へ…LGのバッテリー搭載見込み

EV電池

シボレーが電気ピックアップトラックを23年発売へ…LGのバッテリー搭載見込み

米国最大の自動車メーカーであるゼネラル・モーターズ(GM)が2023年までにシボレーの電気ピックアップトラックを発売する予定であると明らかにした。朝鮮日報(20日)によると、同トラックにはLG化学と共同開発したバッテリーが搭載されるという。
 
(参考記事:「GMとLG化学が米で世界最大規模EVバッテリー工場設立」)
(参考記事:「GMがLGバッテリー搭載のピックアップトラックなど発売へ…2023年」)
(参考記事:「GMがLGのデジタルコックピットに革新賞を授与…21年式エスカレードモデル搭載」)
 
同紙は海外の電気自動車専門メディアなどを基に、GMが最近発刊したサステナビリティレポートにおいて、一度の充電で400マイル(約643km)以上の距離を走行することができる準大型電気ピックアップトラックを発売すると報じた。同モデルは、GMが2023年までに発売する予定とされる電気自動車20種に含まれ、シボレーブランドとして最初の電気ピックアップトラックになるという。

また、同モデルには、LG化学と共同開発した「アルティウム(Ultium)」バッテリーが装着される予定であると伝えた。同バッテリーは1回の充電で400マイル以上を走行することができる高密度・大容量バッテリーとされ、すでにGMは「今後10年間発売されるすべての電気自動車のアルティウムバッテリーが搭載される」と明らかにしていることから、シボレーの電気ピックアップトラックにも装着されるだろうと朝鮮日報は伝えた。
 
(写真:シボレーのシルバラード=同社ウェヴサイト)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない