LGのエアコン、米AHRIより3連続受賞…北米事業は11年連続成長と発表

その他

LGのエアコン、米AHRIより3連続受賞…北米事業は11年連続成長と発表

(写真:アメリカ冷凍空調協会の「パフォーマンス賞」を受賞したLG電子の中小型システムエアコン「Multi V S」)

LG電子は22日、自社のエアコンが3回連続で米国冷凍空調協会(AHRI; Air-Conditioning、Heating&Refrigeration Institute)が授与するパフォーマンス賞(Performance Award)を受賞したと発表した。

同賞の受賞には、協会がランダムで選定したすべての製品が、3年間継続して1次性能試験に合格しなければならない。つまり、2015年から2019年までの5年間で、毎年対象製品が1次試験を通過しなければ3回連続受賞が不可能であるという。協会は、メーカーごとに各製品群で20%ずつランダムに製品を選択すると、米国の代表的な試験認証機関インターテック(Intertek)の専門家が実際のパフォーマンスが製品仕様を満たしているかを評価する。

同協会は1953年に発足した団体であり、世界約350エアコンメーカーが加入している。製品の性能を徹底的に評価することで有名だ。

LG電子は、2017年から2019年までの3年間▲大容量システムエアコン▲中小容量システムエアコン▲空冷冷房システム▲水冷冷房システム▲一体型エアコンなど7つの主力製品群の73のモデルが同協会の性能評価を通過した。

LG電子によると、大容量システムエアコンの代表製品である「Multi V」は、独自開発された高効率インバータコンプレッサーを搭載し、高い性能とエネルギー効率を同時に備え、商業空調市場で頭角を表しているという。同製品は、外気温が氷点下30度の環境においても暖房運転が可能であり、冬季に気温が大きく下がる米国北部地域で人気が高いという。

中小容量システムエアコンの代表製品であるマ「Multi V S」は住宅用製品である。室外機1台に最大16台の室内機を接続することができ、大型住居空間での運用も可能だ。室内機は、壁掛け型、カセット型、ダクト型から選ぶことができる。

ホテルで多く使用されている「PTAC」(Packaged Terminal Air Conditioners)は、室外機と室内機が一体となったモデルであり、耐久性が優れているとされる。 LG電子は、熱交換器の腐食を防止するため特殊なコーティング技術を適用したという。

LG電子によると、同社の北米空調事業は11年連続で成長しており、昨年の売上高も5年前に比べ2倍以上に増えたという。

LG電子のH&A事業本部エアソリューション事業部長であるイ・ガムギュ副社長は、「進んだ性能と差別化された技術により、空調ソリューションの米国市場攻略に拍車をかけたい」と述べた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない