サムスン総裁が現代自動車を答礼訪問…水素車など試乗

EV電池 イメージセンサー 半導体

サムスン総裁が現代自動車を答礼訪問…水素車など試乗

サムスングループの総裁であるサムスン電子のイ・ジェヨン副会長は21日、華城市にある現代自動車の南洋技術研究所を訪問した。韓国各紙が報じた。去る5月に現代自動車グループの総裁であるジョン・ウィソン現代自動車グループ首席副会長が(EVバッテリーメーカーである)サムスンSDIの天安(チョナン)事業所を訪れたことへの答礼訪問とされる。
 
(参考記事:「[特集]注目されるサムスンと現代自動車の接近」)
(参考記事:「[特集]電気自動車バッテリーで「全方位外交」を進める現代自動車」)
(参考記事:「サムスン総裁がMLCC事業を視察…電装用MLCCなど市場戦略協議」)
 
サムスンからは、キム・ギナム=サムスン電子DS(半導体)部門長(副会長)、ジョン・ヨンヒョンサ=ムスンSDI社長、カン・ンインヨプ=サムスン電子システムLSI事業部長(社長)などが同行した。現代自動車グループは、ソン・ボシン現代・起亜自動車商品担当社長、パク・ドンイル研究開発企画調整担当(副社長)などが一行を迎えた。

韓国メディアによると、5月の両総裁の会合では、全固体電池について協議されたが、今回は、現代自動車の次世代エコカーやアーバンエアモビリティー(UAM)などについて話し合われたという。また、ロボットなどの新成長領域の製品と技術についても意見が交わされ、現代自動車の自律走行車および水素電気自動車の試乗もあったとのこと。今回の協議には、サムスン電子で車両用半導体を開発するカン・インヨプ=システムLSI事業部長(社長)も同行したことも注目されているようだ。

サムスン電子は、数年前から車両半導体、イメージセンサー、ディスプレイ、オーディオなど、次世代自動車に必要な電装部品事業を強化している。現代自動車グループも2025年までに、純電気自動車23種をはじめとするエコカー44種を販売することを目標にバッテリーや電装部品においてR&Dの協力を必要としている。
 
(写真:現代自動車のコンセプトEV車「プロフェシー」=同社提供)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない