サムスンの子会社・セメスがディスプレイ事業売却へ

ディスプレイ

サムスンの子会社・セメスがディスプレイ事業売却へ

サムスン電子子会社のセメス、ディスプレイ部門をウォニックIPSに売却

サムスン電子の子会社である、半導体・ディスプレイ製造設備メーカーのセメス(SEMES)が、ディスプレイ事業部門の売却準備を進めている。23日、韓国のファイナンシャルニュース紙は、セメスが同じく韓国企業であるウォニックIPS(WONIK IPS)との間でディスプレイ事業部門の売却交渉を進めていると報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。