韓国企業が「多チャンネルデータ収集 3Dライダセンサー特許取得」と発表

イメージセンサー

韓国企業が「多チャンネルデータ収集 3Dライダセンサー特許取得」と発表

自律走行ソリューション専門企業のユージンロボット社が「超小型3次元スキャニングライダセンサー」技術の特許を取得した。

今回の特許は3次元空間をスキャンするライダセンサーに関するもので、従来の2Dや多チャンネル3Dライダの限界点を克服したと評価されている。 会社側が23日、二つのライダから発生する局所的な測定不感の問題点を補完し、全域的な3次元スキャニングを可能にすると説明した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。