[特集]サムスンがソフトバンク傘下のARMを買う可能性

半導体 特集

[特集]サムスンがソフトバンク傘下のARMを買う可能性

ソフトバンク傘下で、半導体設計会社として名高い英半導体開発大手アーム・ホールディングス(ARM)の売却が取りざたされている。韓国ではサムスンによる買収可能性が論じられている。

今月14日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、ソフトバンクがアームの売却などを検討していると報じた。ソフトバンクは4年前、同社にとって当時過去最大となる320憶ドルでアームを買収した。

当時、孫正義会長は、アームの買収について、「囲碁でいえば飛び石。10手先、50手先を考えて打った」と述べるなど、大きな期待を持っていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。