ソウル半導体がコイズミにLED供給

その他

ソウル半導体がコイズミにLED供給

ソウル半導体は28日、自然光に近いLEDである「SunLike(サンライク)」を日本の照明会社であるコイズミ(コイズミ照明株式会社)に供給すると発表した。小泉は「SuLike」を子供部屋の照明などに用いるという。
 
(参考記事:「ソウル半導体がLED技術侵害で米企業を提訴。」)
(参考記事:「ソウル半導体、マイクロLEDなどディスプレイ事業は低迷か」)
 
ソウル半導体によると、SunLike(サンライク)米国、欧州、韓国、中国などで10の照明関連の受賞実績を持つとされ、一般照明とは異なり、Eye Better(子供の視力保護)、Study Better(学生の学習能力の向上)、Sleep Better(睡眠保護)の3つの要素を備えているという。

ソウル半導体の関係者は、「SunLikeは、国際照明委員会による安全性検証の結果、最高等級」を取得したとし、「子供が目の健康と最適な学習環境づくりにおいて、さまざまな長所がある」と述べた。

ソウル半導体はLED専門企業であり、14,000以上の特許技術を保有しているとされる。室内外照明、自動車、IT(携帯電話、コンピュータなど)、紫外線分野など全領域に適用可能なLED製品を研究開発・供給している。
 
(写真:SunLikeを使った子供部屋の様子=ソウル半導体提供)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない