「日本の《富岳》はサムスンのスパコン用DRAM搭載」と韓国紙報じる

半導体

「日本の《富岳》はサムスンのスパコン用DRAM搭載」と韓国紙報じる

日本のスーパーコンピュータ「富岳」にサムスン電子の超高性能DRAMが搭載されたとの報道が出ている。

韓国の大手金融紙であるマネートゥデイは29日、業界情報を基に、「理化学研究所と日本の電子メーカー富士通が共同開発したスーパーコンピュータ《富岳》にサムスン電子のHBM(高帯域幅のメモリ High Bandwidth Memory)が搭載された」と報じた。

「富岳」は先月、全世界スーパーコンピュータ計算速度順位「TOP500」において、アメリカ(2~3位)と中国(4~5位)を抜いて9年ぶりに1位を獲得した。「富岳」の毎秒計算回数は、実に41京6000兆に達すると伝えられる。
 

(画像:サムスン電子の第3世代16GB HBM2E DRAM「フラッシュボルト」=同社提供)

 
サムスン電子が年初に発売したスーパーコンピュータ用3世代メモリの「HBM2」は、世界初となる毎秒4.2Gb(ギガビット)までデータ伝達速度を高めた製品である。同社によると、1秒に538GB(ギガバイト)の処理が可能であり、2時間の「フルHD」映画110本を1秒で読み取ることができる速度とされる。

マネートゥデイ紙によると、サムスン電子は個別の案件について明らかにしなかったが、業界ではサムスン電子の「HBM2」が「富岳」に少なくとも30万個以上搭載されたものと推定しているという。サムスン電子はHBM2をはじめ、スーパーコンピュータ用NAND型フラッシュ(Z-SSD)も発売している。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない