ファーウェイがサムスン抜き1位に…スマホ世界市場

スマホ

ファーウェイがサムスン抜き1位に…スマホ世界市場

第2四半期の世界のスマートフォン市場において中国のファーウェイが出荷台数でサムスンを抜きシェア1位となった。抜かれ2位となった。

30日、市場調査会社カナレスによると、ファーウェイは、第2四半期にスマートフォン5580万台を出荷し1位に上った。同じ期間、サムスン電子の出荷量は5370万台となり、ファーウェイはサムスンを約200万台上回った。
 
(参考記事:「インドのスマホ市場、サムスンのシェア急増で1位シャオミに肉薄」)
(参考記事:「スマホ世界シェア、5月は再びサムスンが1位。前月はファーウェイ」)
(参考記事:「発表間近の「Galaxy Fold2」と「Galaxy Z flip 5G」は前作と同価格か」)

新型コロナウイルスの影響によりファーウェイの出荷量は1年前より5%減少したが、サムスン電子は30%減少しており、この減少幅の差が順位変動の要因となった形だ。

特に、サムスン電子は、ブラジルと米国、欧州で需要が急減し、直撃弾を受けた。

ファーウェイは、第2四半期の海外出荷量が27%急減したが、中国で出荷台数が8%増加した。

カナレスによると、スマートフォン市場でサムスン電子やアップル以外のメーカーが四半期の出荷台数で1位になったのは9年ぶりであるという。

カナレスのベン・スタントン=シニアアナリストは、ブルームバーグ通信に対し、「1年前にはほとんど予想した人がいないほど注目に値する結果」とし、「コロナがなければ生じなかったこと」であると語ったという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない