[特集]LGDの今後の見通しを読む(カンファレンスコールから)

ディスプレイ 企業 特集

[特集]LGDの今後の見通しを読む(カンファレンスコールから)

LGディスプレイは23日、第二四半期の実績について発表した。
(参考記事:「LGDの第二四半期実績、営業損失457億円」)
 
同社は最近、長らく遅滞していた広州のOLED工場の量産開始についても発表。また、アップルの次期iPhoneへのOLEDパネル供給が報じられるなど、何かと話題を呼んでいる。そんな同社が、第三四半期以降についてどのような見通しと方向性を持っているのだろうか?同社のカンファレンスコールにおいて、主にOLED事業部分について言及された部分を紹介する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
 
この記事は会員限定です。無料購読会員に登録すると続きをお読みいただけます。