サムスンが中国蘇州PC工場を閉鎖か

その他

サムスンが中国蘇州PC工場を閉鎖か

サムスン電子の中国蘇州にあるPC工場が停止するという報道が出ている。

チョソンビズ紙は1日、サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)の報道を基に、「サムスン電子は、市場競争の激化などを理由に蘇州工場のPC組立・生産を停止する計画だ」とし、「代わりに、当該施設は、研究開発(R&D)に集中」すると報じた。
 
(参考記事:「減少する中国でのスマホ生産。インドとベトナムが有力」)
(参考記事:「「サムスンの蘇州LCD工場、CSOTが買収」と韓国紙報じる」)
(参考記事:「サムスンが撤収した中国工場周辺の経済に打撃、香港紙報じる」)
 
同工場の1700人の従業員のうち、約半分が影響を受けるとし、蘇州政府関係者もこれについて確認したとされる。サムスン電子は今後、外注によってノートPCを生産する計画であるという。

チョソンビズ紙によると、蘇州工場は、中国の世界貿易機関(WTO)加入直後の2002年に設立され、2005年からは、サムスン電子の唯一の海外にあるコンピュータ製造施設として運営されてきた。2012年には、従業員の数が6500人に達し、中国外への輸出額が43億ドルに上ることもあったが2018年には10億ドルにまで落ち込んだ状態だったという。

サムスン電子は、蘇州の液晶表示装置(LCD)の生産工場をまだ稼働中であり、最近は西安の半導体工場にも投資した。ただし、2018年末には天津のスマートフォン工場に続き、昨年には中国内の最後のスマートフォンの生産拠点だった広東省恵州の工場稼動を中断していた。

SCMPは、中国の人件費上昇や、米中貿易戦争によって製造業の生産拠点としての中国の利点が消失していることを指摘したという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない