LGDがオンラインイベント「SID2020」で最新技術を展示中

ディスプレイ

LGDがオンラインイベント「SID2020」で最新技術を展示中

LGディスプレイは今月3日~7日に開催される「SID(Society for Information Display/国際情報ディスプレイ学会)2020」に参加し、OLED技術を披露する。

SIDは世界のディスプレイ関連企業と学界が一堂に会し、新技術や製品を展示し、研究論文を発表する世界最大規模のディスプレイ行事だ。
 
(参考記事:「[特集]LGDの今後の見通しを読む(カンファレンスコールから)」)
(参考記事:「LGDの広州OLED工場で量産出荷式…大型有機ELパネル年産6万枚生産へ」)

今年は、米国サンフランシスコで開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、展示やセミナーなどすべてのイベントがオンラインで行われることになった。

LGディスプレイは、SID開催に際し、「顧客接点の拡大を通じた新規事業機会の創出の観点からSIDが用意したオンラインスペースに仮想展示館を開き、さらに進化したOLED技術を顧客の皆様に披露したい」との声明を出している。
 

(写真:SID2020で展示されるLGディスプレイの製品紹介映像=LGディスプレイ動画サイトキャプション)
 
仮想展示館は、「OLEDフォームファクタ革新ゾーン」、「OLED融複合ゾーン」など、大きく2つゾーンで構成され、動画を通じて、製品情報を発信すると明らかにされている。

フォームファクタ革新ゾーンでは、▲65インチと12.8インチのローラーブル(Rollable)OLED▲13.3インチの大型フォルダブル(Foldable)OLED▲65インチのベンダブル(Bendable)OLED▲透明度40%の55インチ透明OLEDなど、「くるくると巻き取れる」透明次世代ディスプレイが展示されているという。

融合・複合ゾーンでは、▲自動車ダッシュボード用27インチ超大型曲面プラスチックOLED(P-OLED)▲スピーカーなしに画面から音を発する12.3インチCSO(Cinematic Sound OLED)インストルメントパネルなどで車両用デジタルコックピット(Cockpit、運転席)を構成し、未来自動車が進むべき方向を提示すると説明された。AR∙VR用、3Dなどの次世代OLEDディスプレイも共に披露される。

LGディスプレイCTO(最高技術責任者)のカン・インビョン副社長は、「OLEDだけが具現できる差別化された技術力をもとに、ディスプレイの技術革新をリードしていく」と述べた。

一方、LGディスプレイはSID 2020において、OLEDをはじめとする様々なディスプレイに関する最新の研究論文をオンラインで発表するという。

SID 2020で展示されているLGディスプレイ製品紹介映像は、LGディスプレイのYouTubeチャンネル(https://youtube.com/user/mylgdisplay)でも観ることができる。
 
(キャプション画像=SID2020で展示されるLGディスプレイの製品紹介映像=LGディスプレイ動画サイトキャプション)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない