ポスコケミカル、約260億円かけNCMA正極材工場を増設

EV電池

ポスコケミカル、約260億円かけNCMA正極材工場を増設

ポスコケミカルが次世代バッテリー素材のNCMA正極材への投資を拡大し、未来自動車時代への準備にさらに拍車をかけている。

ポスコケミカルは5日、取締役会を開き、2,895億ウォン(約258億円)を投資し、正極材生産の光陽(クァンヤン)工場に年産3万トン規模のNCMA正極材生産ラインを増設することを決定した。
 
(参考記事:「ポスコケミカルが負極材工場の着工式…EV車42万台分・1万6千トン生産」)
(参考記事:「ポスコケミカル、中国ファユコバルトと共生ファンド組成」)
(参考記事:「ポスコケミカル、次世代EV電池素材「NCMA正極材」の量産開始へ」)
 
これは正極材生産の光陽(クァンヤン)工場の3段階拡張のためのもので、9月に工事を始め、2022年稼動を目標とする。 増設が完了すれば、ポスコケミカルは正極材の生産能力を従来の年産4万トンを含め、7万トンに拡大することになる。 正極材7万トンは60Kwh級電気自動車バッテリー約84万台に使用できる量だ。

今回の投資は、グローバル電気自動車市場が急成長する中、電気自動車の高性能化に伴う次世代バッテリー素材投資で市場機会を先取りし、安定的な供給基盤を拡充して増加する顧客会社からの受注に適期対応するためのものだ。

特に、増設される生産ラインでは、1回の充電で500キロ以上走行できる第3世代電気自動車バッテリーに活用する「NCMA正極材」が量産される予定だ。

NCMA正極材は既存のハイニッケルNCM(ニッケル、コバルト、マンガン組成)正極材にAl(アルミニウム)を添加して製造するもので、電気自動車の走行距離を伸ばすために必ず必要な大容量バッテリーの具現が可能でありながら、安定性と出力を高め、価格を低める素材だ。 業界では第3世代電気自動車が商用化されれば、内燃機関自動車との性能競争が可能であり、電気自動車大衆化の起爆剤になると見ている。

ポスコケミカルは2018年8月から光陽(クァンヤン)のユルチョン産業団地にサッカー競技場20個分の165,203平方メートルの面積でハイニッケル正極材工場を段階的に造成している。 今回の増設は今年5月の第2段階生産ライン拡張竣工に続き、3カ月ぶりの投資決定だ。 今後も受注状況を考慮して国内生産能力を年間10万トン規模まで拡大し、海外工場を設立してグローバル生産体制を構築するなど、急成長する電気自動車市場と需要に積極的に対応していく計画だ。

ポスコケミカルのミン·ギョンジュン社長は「厳しい状況であればあるほど差別化された技術力と積極的な投資を通じて市場を先導し、成長動力を続けていかなければならない」とし「最高の製品を生産して電気自動車産業と顧客会社の競争力に寄与し、二次電池素材先導企業としての地位をさらに強固にする」と述べた。

ポスコケミカルは今後、次世代素材の先行開発などの技術リーダーシップの確保と持続的な投資でグローバル生産体制を構築し、二次電池素材事業を2030年までに世界シェア20%、年間売上22兆ウォン(約1兆9,620億円)以上の規模での成長を目標にしている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない