韓国証券会社「SKイノベーションの電池事業は過小評価」

EV電池

韓国証券会社「SKイノベーションの電池事業は過小評価」

ハナ金融投資は6日、SKイノベーションの電池事業の価値が過小評価されているとの見方を示した。株価目標も12万ウォンから21万ウォンに引き上げた。

ハナ金融投資のユンジェソン研究員は、「(SKイノベーションは)爆発的な電気自動車市場の成長のなかで、出荷量基準で世界6位であり、電池の生産能力は、今年20GWhで2022年60GWh、2025年100GWhに積極的に増設する計画」とし、「今後、世界の最上級(Top-Tier)としての地位を強固にする可能性が高い」と述べた。

ユン研究員は、「現在の時価総額に反映された電池事業のEV(の割合)は約7兆ウォンだ。これを2021年に予想CAPA(生産能力)40GWhで割ったGWhあたりEVは1740億ウォン」とし「同様の方法で計算したLG化学3410億ウォン、サムスンSDI 5000億ウォンに比べ大幅に低い」と分析した。

続いてユン研究員は、「相対的価値割引の主な要因は、後発者の競争力に対する疑問、LG化学の訴訟による事業の不確実性、後半黒字転換時点のガイダンスなど」とし、「しかし、下半期以降の不確実性の解消などの勢いが具体化すると割引幅は縮小する」と説明した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない