LG電子、ホテル屋外配送用ロボットを運用へ

その他

LG電子、ホテル屋外配送用ロボットを運用へ

LG電子が、ロボット事業を多角化する中で、今回は、ホテルロボットソリューションを発表した。

LG電子は9日、ソウル江西区のメイフィールドホテルソウルにおいて、屋外配送ロボットの試験サービスを始めた。今月中旬までに全2台を運用する。

屋外配送ロボットは、メイフィールドホテルソウルが行う夏のイベント「サマー・アット・ザ・テラス(Summer At the Terrace)」のためにホテルの内外を行き来し、顧客に料理をサービングする。

顧客が野外テラスに座り料理を注文すると、ロボットが完成された料理を厨房から顧客がいるテーブルまで運ぶ。また、顧客が食事を終え、棚が皿でいっぱいになると食器洗浄場に移動する。

LG電子は、最近まで案内ロボット、サーブボットなど、室内で走行するロボットを発表しているが、屋外配送ロボットを披露するのは今回が初めてだ。ホテルを含め、大学キャンパス、マンションの敷地、遊園地など様々な空間で屋外配送ロボットを検証し、適用領域を拡大する予定だ。

LG電子とメイフィールドホテルソウルは、来月中旬にホテルビュッフェにおいて、生ビールを注ぐロボットを導入する計画だ。従業員がシステムにビール注文を入力するとロボットが注文されたビールの種類を把握し、コップを掴み、ビールディスペンサーへ移動する。そしてビールが入ったコップを再び掴んでサービングテーブルに置く。従業員は、ロボットがビールを準備している間に他の仕事をすることができる。

両社は、ロボットサービスにより単純で反復的な仕事をロボットが代わりに行い、従業員は、より丁寧に顧客に対応するなど、より価値のある仕事に集中できると期待している。また、顧客がホテルで感じる楽しみを増やすことができると予想している。

LG電子は、ホテルで屋外配送、飲食物サービス、コンシェルジュサービスなどを提供する統合的なホテルロボットソリューションを提示し、事業領域を拡大する計画だ。

これに先立ちLG電子は、今年初めにCES 2020で「LG CLOi・ダイニングソリューション(LG CLOi Dining solution)」を披露した。レストランの運営と管理のためのソリューションは、ロボットが接客、注文、調理、サービング、洗い物など様々なサービングを提供することができる様子を見せた。

LG電子ロボット事業センター長のノ・ジンソ専務は、「顧客が新たな経験と価値を得るロボットサービスソリューションを持続開発するつもりだ」と述べた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない