SKハイニクスが自動車半導体生産に乗り出す

半導体

SKハイニクスが自動車半導体生産に乗り出す

SKハイニクスが自動車用半導体の生産に乗り出しているようだ。

毎日経済新聞は11日、「SKハイニクスは昨年、開発・製造統括内に車両の半導体研究開発(R&D)を担当するオートモーティブ組織を新設した」とし、「これは、既存のマーケティング組織傘下オートモーティブチームに加え役員級R&D組織が新設されたものでカーメモリー半導体の開発およびマーケティングを本格化したということに意味が大きい」との業界情報を報じた。
 
(参考記事:「[特集]半導体関連の買収・投資を進めるSKグループ」)
 
SKハイニクスは、去る1月に米国ラスベガスで開催された世界最大IT展示会 「CES 2020」において、SKイノベーション、SKテレコムなど系列企業と共にモビリティに関するビジョンを提示し、車両の半導体市場攻略の意志を示していた。

同紙によると、SKハイニクスは、自動車の特性上、高度の耐久性が要求される車載用メモリ・ソリューションを提供するために、自動車、電子部品協会(AEC)で認証する車両用半導体信頼性試験の基準を満たすために総力を傾けているという。また、R&Dの段階から製造に至るまで、自動車業界と緊密に協力しているとのこと。その結果、主要電装部品企業にインフォテインメントシステム用半導体メモリを提供するなど、具体的な成果が現れているという。

シムデヨンSKハイニクスオートモーティブ事業担当は、「自動車に搭載されるメモリ半導体は乗員の安全のために予測可能な安定性と優れた品質を保証しなければならない」とし、「SKハイニクスは、このような市場の特性を考慮して、最高の性能と品質を追求しており、その結果、今年の自動車用半導体市場で大きな成果を上げている」と説明したという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない