サムスン研究員らが中国に流出させようとした最新OLED技術はどのようなものか?

ディスプレイ

サムスン研究員らが中国に流出させようとした最新OLED技術はどのようなものか?

サムスンディスプレイの現職および元研究員が、最新ディスプレイ技術を中国企業に流出させた疑いで韓国の水原地検に7日、拘束・起訴された。中央日報は、当該技術がどのようなものだったか解説している。

同紙が水原地検とサムスン側の取材を基に報じたところによると、「容疑者らが中国に流出させようとしていた有機発光ダイオード(OLED)パネル技術は、透明接着剤(OCR)プロセスである」という。
 
(参考記事:「韓国検察、サムスンディスプレイ現職研究員など拘束…OLEDインクジェット技術流出疑い」)
(参考記事:「[特集]サムスン元社長の中国移籍騒動にみる韓国の危機感」)
 
同紙は、「中小型OLEDパネルにガラスのカバー(カバーガラス)を精巧に接着する《後工程》の組み立て作業において、パネルに薄い層(レイヤー)を重ねて被せ、ディスプレイ表面を保護し、強度・安定性を高める技術」であるとし、「ディスプレイ業界では、この作業に必要な設備を《ラミネーション設備》と呼ぶ」と説明した。

3年前、サムスンディスプレイは、100億ウォン以上かけてインクジェット(噴射形式)基盤の「OCRラミネーション設備」を開発したとされる。同紙は、「インクジェットOCR方式は、これまで使用していた透明テープ(OCA)の代わりに、液体インク状の透明な接着体でOLEDパネルとガラスカバーを貼り付ける技術」であるとし、「好きなところにインクを噴射すればよいため、生産原価が従来のプロセス(OCA)に比べ10%水準まで減るという長所がある」と伝えた。

サムスンディスプレイは、10月から該当設備をベトナムなどにあるOLEDパネル後工程の組み立てラインに本格導入しようとしていたという。「試作品は既に何回も作り、技術難度が高いフォルダブルフォン用OLEDパネルの後工程にも採用する計画だった」と中央日報は伝えた。

同紙は、技術流出の背景として、国内エンジニアに対する待遇が相対的に低く、中国企業が高待遇で韓国人エンジニアを引き抜く現状について言及している。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない