SKハイニクスが「RISC-Ⅴ」運営企業に投資

半導体

SKハイニクスが「RISC-Ⅴ」運営企業に投資

SKハイニクスが、英ARMの競合「RISC-V」を提供する米国スタートアップサイファイブ(SiFive)に投資を行ったという。ロイターや韓国メディアが報じた。

11日、ロイターは、サイファイブが6000万ドルの追加投資を調達したと報道した。今回の投資ラウンドにはSKハイニクスとサウジアラムコなどが参加した。
 
(参考記事:「[特集]フッ化水素を内製化したSKグループ、半導体事業でさらなる動きも」)
(参考記事:「[特集]半導体関連の買収・投資を進めるSKグループ」)
 
具体投資規模は公開されていない。 SKハイニクスの関係者は、「未来技術と中長期事業機会の観点で投資したもの」であると述べたという。
 

 
これまでサイファイブが総調達した投資資金は1億8500万ドルに達するとロイターは伝えた。サムスン電子やインテルもこれまでサイファイブに投資している。
 
(画像:サイファイブウェブサイト)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない