LGのTV、OLEDとLCDの両方で受賞…EISA評価

ディスプレイ

LGのTV、OLEDとLCDの両方で受賞…EISA評価

LG電子は16日、TV製品が映像音響専門家協会(EISA:Expert Imaging and Sound Association)より最高製品に選定されたと発表した。

同協会はLGオーレッドギャラリーTV(65GX)を「EISAプレミアムOLED TV」に選定した。同製品は、TV全体を壁に密着させた「ギャラリーデザイン」を適用した。 LGオーレッドTVは去る2012年から継続してEISAアワードを獲得している。
 
協会は「TVデザインの新しいアプローチ」との言葉でギャラリーデザインを評価したという。デザインだけでなく、パフォーマンスについても「オーレッドのみの長所であるブラックの表現、色表現などは、すでに十分に立証された」と述べ、「HDMI 2.1接続をベースにした120ヘルツ(Hz)のリフレッシュレート、速い応答速度もクラス最高」と好評した。

LG電子は、単に製品の外観や機能の差別化を超えて周囲空間との調和を好む顧客のライフスタイルの変化を考慮してギャラリーのデザインを完成したとされる。 LGオーレッドギャラリーTVは、既存壁掛けTVと違ってTVと壁が一つになったような高級感を与える。LG電子は、「画面没入感はもちろんのこと、空間活用度も優れている」と強調した。

LG電子のプレミアムLCD TVである「LGナノセル8K TV」(75NANO99)は、「EISA 8K TV」に選ばれた。審査団は、「あなたが、映画、ゲーム、スポーツのファンなら必ず必要な製品」と評価した。OLED TVとLCD TVの両方でEISAアワードを受賞した企業は、LG電子が唯一であると同社は明らかにしている。

英名品オーディオメーカー「メリディアンオーディオ(Meridian Audio)」とコラボレーションしたLGサウンドバー(SN8YG)、LGXブームスピーカー(PL7)なども、それぞれ「EISAサウンドバー」と「EISAモバイルスピーカー」に選定された。

LGサウンドバーは、過去2017年から4年連続で、LGポータブルスピーカーは、過去2018年から3年連続でEISAアワードを受賞した。

EISAは、グローバル有力AV専門媒体が多数参加しているマルチメディア協会だ。 1982年から毎年映像、音声、写真、モバイル機器などの分野別トップ製品を選定して表彰する。

LG電子は、9月3日から5日まで開催されるIFA 2020においてグローバルメディアを対象にEISAアワード受賞製品を紹介する。

LG電子HE事業本部長バク・ヒョンセ副社長は、「映像∙音響分野の技術リーダーシップをベースに、顧客に差別化された価値を提供し、プレミアム市場を持続リードする」と述べた。

 
(参考記事:「LG電子が第二四半期実績発表…売上・利益減少も家電は善戦」)
(参考記事:「LG電子がLCDTV「ナノセルTV」を掲げる理由」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない