サムスンがスマホ生産ラインを一部移設か…ベトナムからインドへ

スマホ

サムスンがスマホ生産ラインを一部移設か…ベトナムからインドへ

サムスン電子がインド市場でのスマートフォンの生産を拡大するため、ベトナムの工場ラインの一部を移すという見方が出ている。

18日、チョソンビズ紙は、インド現地メディア報道などを基に、「最近、サムスン電子のインド法人は、今後5年間で、約400億ドル規模で、スマートフォンを拡大生産するという計画をインド政府に提出した」と伝えた。
 
現地メディアによると、サムスン電子は、インド現地でのスマートフォンの生産量を拡大するため、毎年約1億5000万台を生産するベトナムのスマートフォン工場の生産ラインの多くをインドに移す予定であると予想されたという。現在、サムスン電子が世界の工場で年間生産可能な携帯電話量は約3億2000万台とされる。

このうち、サムスン電子はインドのノイダ工場で毎年約1億台規模の携帯電話を生産している。チョソンビズ紙は「もし、ベトナムの生産ラインの一部をインドに移転する場合、インドの市場シェアをさらに引き上げることができると思われる」と伝えた。

市場調査会社IDCによると、サムスン電子は今年第2四半期、インドのスマートフォンとフィーチャーフォンを合わせた携帯電話市場で24%のシェアを記録し、中国のスマートフォンメーカーであるシャオミとVivoを抜き1位を奪還している。インドの携帯電話市場は、フィーチャーフォンが全体の40%前後の割合を占めている。
 
(参考記事:「インドのスマホ市場、サムスンがシャオミから1位を奪還」)
(参考記事:「[特集]インドのスマホ市場、中国製ボイコットで韓国製が躍進か」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、インドにスマホパネル工場建設か」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない