サムスンのスマートTV、英王立視覚障碍者協会より認証授与

ディスプレイ

サムスンのスマートTV、英王立視覚障碍者協会より認証授与

サムスン電子は26日、同社製のスマートTVが英国王立視覚障害者協会(RNIB、Royal National Institute of Blind People)より「視覚障害者のアクセシビリティ認証(RNIB Tried and Tested Accreditation)」を授与されたと発表した。

RNIBは、視覚障害者が使用する製品、ウェブサイト、アプリサービスなどに対する認証を付与し、製品の購入とサービス利用を支援している。

電子製品(家電製品)で同認証を得たのはサムスンTVが初めてだという。

サムスン電子は、去る2013年からRNIBとのコラボレーションを進めており、視覚の不自由なTVユーザーのためのアクセシビリティ機能を強化してきた。

その結果、2016年には、プログラム情報とTVの設定を読みあげてくれる「音声案内」機能や、グラフィック情報を不透明な黒の背景に白の文字で表現することで視認性を高めた「ハイコントラスト画面」機能などを公開し、RNIBより社会貢献賞を授与されている。

サムスン電子の2020年型スマートTVは、さまざまなアクセシビリティ機能を搭載した。

「スマートルーペ」機能を使用してサムスンのギャラクシースマートフォンのカメラをTVにミラーリング連動することで小さな活字や画像を大画面で大きく見ることができる。また、「フォーカスズーム機能」によりTV操作に関するチャンネル、音量、メニューなどの特定の文字のサイズを拡大することができる。

また、聴覚障害者が頻繁に使用する字幕の可読性を高めるために、字幕の分離、字幕サイズ・位置・色変更などの機能を提供している。

音声案内機能も強化され、音声だけで視聴中の放送の重要な情報を聞くことができ、リモコンとアクセシビリティ機能の使用方法を音声で案内を受けることができる。音声の速度とピッチもユーザーに合わせて調節することができる。

聴覚障害者のための放送の手語画面を自動的に検索して拡大表示し、同画面に合わせて字幕の位置を自由に移動させることができる機能も提供される。

サムスン電子映像ディスプレー事業部のチョン・ガンウク副社長は、「TVの様々なコンテンツや機能をすべてのユーザーが同じように体験できるよう、継続的な研究をしている」とし、「サムスン電子は、情報の不均衡を解消するために、TVに適用されるアクセシビリティ機能を継続的に改善するだろう」と述べた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない