世界の半導体シェア…2位サムスンが1位インテルと差を縮める

半導体

世界の半導体シェア…2位サムスンが1位インテルと差を縮める

中央日報は31日、英市場調査会社オムディアの情報を基に、世界の半導体企業(ファウンドリー専門メーカー除外)の第二四半期(4~6月)の売上シェアにおいて、インテルは17.45%、サムスン電子が12.49%となり、両者の差が縮小していると報じた。
 
同紙によると、両社の売上シェアの差は、昨年第四四半期の5.61%から今年第一四半期には5.23%、第二四半期には4.96%と縮小していることが分かった。

半導体メーカーは今年上半期、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うアンタクト(非対面)需要が増えたことにより、クラウド企業のサーバー拡大などで予想外の好況を享受した。

同紙によると、サムスン電子は、モバイルDRAMとNANDフラッシュなどメモリー半導体需要が増えたことによりシェアを守り、インテルは市場シェアを奪われた。

シェア3位のSKハイニックスも、メモリー半導体の販売実績が良くなった。シェアは、今年第一四半期の5.33%から第二四半期には6.18%と大きく増えた。シェア4位のアメリカのマイクロンは、第一四半期の4.44%から第二四半期には4.71%と増えた。アメリカでは、インテルの時価総額を越えて注目されたエヌビディアも、シェアがやや上昇し、第二四半期のシェアは2.66%となった。

オムディアは、インテルとサムスン電子のシェアの差はさらに縮まると予想しているという。オムディアは、第三四半期にインテルが1位を維持するが、シェアは15.78%に落ちると見込んでいるとのこと。

 
(参考記事:「サムスン電子、世界最大規模のEUV生産ライン稼働…次世代DRAM生産へ」)
(参考記事:「4~6月DRAM世界シェア、サムスン43.5%、SKハイニクス30.1%」)
(参考記事:「サムスン電子、本拠地に半導体工場さらに3か所建設か」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない