LGディスプレイの業績、前四半期で底打ちか…証券社は来年以降の業績回復予想

ディスプレイ

LGディスプレイの業績、前四半期で底打ちか…証券社は来年以降の業績回復予想

KB証券は31日、LGディスプレイの投資意見を「中立」で維持し、目標株価は直前より15%上げ、1万5000ウォンを提示した。

キム・ドンウォンKB証券研究員は、「中小型・大型パネルの歩留まり改善と出荷量の拡大を考慮し、来年および2022年の実績推定値を上方反映したことによるもの」とし、「下半期にLGディスプレイの実績が反転する可能性は低いが、大型LCDパネル収益性の改善とP-OLED稼働率の上昇などで、第2四半期に業績が底を打つとみられる」と述べた。

第3四半期(7~9月)の業績は、大型LCDパネルの価格上昇に伴う収益性の改善と、P-OLEDの稼働率上昇により、売上高6兆6000億ウォン(約5900億円)、営業赤字364億ウォン(約33億円)と推定される。

キム・ドンウォン研究員は、「北米の戦略(大手)顧客の中小型OLEDパネル注文増加によりE6生産ラインの稼働率が85%まで上がるだろう」とし、「在宅勤務やオンライン教育の拡大によりITパネルの需要増加傾向も続くだろう」と説明した。

第3四半期からWOLED(大OLED)の生産能力の拡大とLCD生産ライン縮小の影響により、大型パネル事業でOLED売上比重がLCDを追い越すと予想される。

キム・ドンウォン研究員は「下半期の見所はOLED TV拡販戦略の成功と、戦略(大手)顧客の信頼性の高いP-OLEDパネルの物量が確保されるだろう」と分析した。
 
(参考記事:「[特集]LGDの今後の見通しを読む(カンファレンスコールから)」)
(参考記事:「LGDの広州OLED工場で量産出荷式…大型有機ELパネル年産6万枚生産へ」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない