ポスコケミカルが正極材工場を拡張へ…260億円投資、22年稼働

EV電池

ポスコケミカルが正極材工場を拡張へ…260億円投資、22年稼働

ポスコケミカルは1日、電気自動車バッテリー市場の成長に対応し、正極材の製造施設・光陽(クァンヤン)工場の生産能力の増設に着工したと発表した。

ポスコケミカルは、31日に全羅南道光陽市にある正極材工場で第3段階となる拡張建設工事の着工に入った。

今回の工場拡張は、合計3万トン規模となる次世代電気自動車のバッテリー用NCMA正極材の生産ライン建設のためであるとポスコケミカル側は明らかにした。総額2,895億ウォン(約260億円)が投資され、2022年に稼動を目指すという。

増設された生産ラインでは、1回の充電時500Km以上の走行が可能な第3世代電気自動車バッテリー用のNCMA正極材が量産される予定だ。

今回の増設が完了すると、正極材の年産能力は従来の4万トンから7万トンに拡大するという。正極材7万トンは60Kwh級電気自動車バッテリー84万台分に相当するとポスコケミカルは説明した。

ポスコケミカルは2018年8月から光陽にある栗村(イッチョン)産業団地にサッカー場20個分に相当する165,203㎡の面積にハイニッケル正極材工場を段階的に造成している。

今後も、増加する受注に対応するため、工場増設や、海外工場設立も推進することで、急成長する電気自動車市場に積極的に対応していく計画であるという。

ポスコケミカルのソン・ドンキ正極材料室長は、「正極材光陽工場の建設が無事行われれば、最高品質の次世代電池材料の生産基盤が築かれ、持続的な成長動力を確保し、顧客の競争力確保に寄与するだろう」と述べた。

ポスコケミカルは、次世代素材先行開発などの技術リーダーシップ確保と継続的な投資を通じた量産体制の構築により、二次電池材料事業を2030年までに世界市場シェアの20%、年間売上高22兆ウォン以上の規模に成長させていく計画であると明らかにしている。
 
(画像:ポスコケミカル光陽工場前景=同社提供)
 
(参考記事:「ポスコケミカル、約260億円かけNCMA正極材工場を増設」)
(参考記事:「ポスコケミカルが負極材工場の着工式…EV車42万台分・1万6千トン生産」)
(参考記事:「ポスコケミカル、中国ファユコバルトと共生ファンド組成」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない