LGのOLED 8Kテレビ、NVIDIAの新GPU試演に使用

ディスプレイ

LGのOLED 8Kテレビ、NVIDIAの新GPU試演に使用

LGエレクトロニクスは2日、同社の8K OLEDテレビがNVIDIA社の最先端技術の集約体である「GeForce RTXTM 30シリーズ」の性能を最も良く具現している製品として選ばれた。

NVIDIAは9月1日に開催されたオンライン上の新製品発表会において、「LG SIGNATURE OLED 8K(モデル名: OLED88ZX)」を活用し、GeForce RTX 30シリーズの性能を試演した。GeForce RTX 30シリーズはNVIDIAが新発売するGPU(Graphics Processing Unit、グラフィック処理ユニット)であり、高性能を要求するPCゲームなどでその性能を誇る。

LG SIGNATURE OLED 8Kは3300万個以上の一つ一つの画素の光を自由自在に調節することで繊細な画質を具現している。また、8K解像度のコンテンツを60Hz(ヘルツ)のリフレッシュレートで再生することが可能であり、最大48Gbps(1秒あたり48ギガバイト)の帯域幅に対応することで、光速度での映像信号処理が可能となる。LG電子によると、NVIDIAはこのような最高レベルの機能を高く評価し、最新GPUの性能を試演する製品としてLG OLEDテレビを選定したという。

LGエレクトロニクスは昨年、NVIDIAと協業し、テレビ業界で初めて「G-SYNCテクノロジー」をLG OLEDテレビに搭載した。G-SYNCは外部機器であるGPUとテレビ画面のリフレッシュレートを一致させることで、ティアリング(画面のズレ)などの現象を抑え、速い動きも滑らかに表現できるようにする。

LG OLEDテレビは優れた画質、LCDテレビより短い1ms(ミリ秒、1000分の1秒)の応答速度などのスペックを備えているため、没入感が重要なゲーミングテレビとしても活用できると評価されている。

LG電子によると、イギリスのITメディアの「テックレイダー(TechRadar)」は、LG OLEDテレビ(モデル名: OLED65GX)に対して「すべての最新仕様と標準を適用したお手本となる製品」、「平面スクリーンという用語に新しい定義を付与した」と好評したという。

NVIDIA GeForceマーケティング総括のMatt Wuebbling氏は、「LGエレクトロニクスの2020年型8K OLEDテレビにGeForce RTX 30シリーズGPUを支援することができてうれしく思う」と述べ、「全世界のゲーマーは、GeForce RTX 30シリーズが駆動されるテレビで最新8K PCゲームを楽しむ際、リアルなレイトレーシング及び最先端AI性能に驚くはず」と期待した。

LGエレクトロニクスHE事業本部のベク・ソンピル=テレビ商品企画担当は、「今回のNVIDIAによる最先端GPU性能試演を通じて、最新8K PCゲームにおいてもLG OLEDテレビが最適であることを認められた」と述べ、「格が違う画質はもちろん、優れた性能まで全て揃えたLG OLEDテレビを先頭に、顧客にワンランク上のゲーミング経験を提供する」と述べた。
 
(参考記事:「LGが8Kモデル含む2020型OLEDテレビを販売開始LGが8Kモデル含む2020型OLEDテレビを販売開始」)
(参考記事:「LG電子が1台約10万円のゲームモニターを発売…CES受賞製品」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない