韓国が4~6月もSSD輸出額で世界首位、1~3月に続き

半導体

韓国が4~6月もSSD輸出額で世界首位、1~3月に続き

韓国は今年第2四半期(4~6月)に最もSSD(ソリッドステートドライブ)を多く輸出した国となった事が分かった。

9月7日、国際貿易センター(ITC)によると、2020年第2四半期の韓国のSSD輸出額は約27億5055万ドル(約2923億円)と集計された。2020年第2四半期の輸出額は昨年度の第2四半期の輸出額(8億6779万ドル、約922億円)の3倍を上回り、史上最大実績を達成していた2020年第1四半期の輸出額(23億7460万ドル、約2523億円)よりも約16%増加した。ニューシスなど韓国各紙も報じた。

ITCによると、韓国の四半期別のSSD輸出額は昨年度から大幅に増加している。輸出額の前年同期に対する増加幅に関しては、2019年第1四半期(1~3月)は334.6%を記録している。その次の第2四半期では、89.8%であり、第1四半期ほどの成長はみられなかった。しかし、その後、2019年第3四半期は106.3%、第4四半期は119.6%、2020年第1四半期は229%、第2四半期は217%を記録し、1年連続3ケタ以上の増加幅を維持している。

2020年第2四半期に、韓国からSSDを最も多く輸入した国はアメリカで、輸入額は11億4009万ドル(約1211億円)であった。アメリカに次ぎ、中国は5億8214万ドル(約618億円)、香港は3億3631万ドル(約357億円)のSSDを韓国から輸入した。
 
(参考記事:「韓国の7月のICT輸出、2カ月連続で増加…SSDが引き続き大幅増」)
(参考記事:「韓国のSSD輸出、台湾を抜き世界1位に…第一四半期」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない