SKイノと現代自動車、EV電池リサイクルなどで提携

EV電池

SKイノと現代自動車、EV電池リサイクルなどで提携

現代自動車・起亜自動車とSKイノベーションが電気自動車バッテリーの販売やリサイクルにおいて協力関係を結ぶ。

現代自動車・起亜自動車とSKイノベーションは8日、▲リース・レンタルなど、電気自動車のバッテリー販売▲バッテリー管理サービス▲電気自動車のバッテリーの再利用やリサイクルなど電気自動車のバッテリー関連様々な事業分野での協力体系を構築していく計画であることを明らかにした。

今回の協力は、電気自動車バッテリーのライフサイクル全般にわたって高い付加価値を創出することが目標であるという。

バッテリー供給を中心に行われた、既存のモビリティ – バッテリー企業間の協力とは異なり、BaaS(Battery as a Service)と呼ばれるバッテリーライフサイクルを考慮した好循環的利用を目的とすると説明された。

今回の協力関係構築を通じて、双方は、▲リサイクルで生産につながる資源の好循環システムの構築と素材の供給安定性の強化▲二酸化炭素排出量削減▲電気自動車とバッテリー再利用の連携と最適設計および、これを通じた付加価値の最大化などの相乗効果を図るという。
 

 
このため、双方は「NIRO EV」の車両に搭載されるバッテリーパックを回収し検証する実証協力プロセスを優先的に進めるとのこと。

▲車両用として耐えない電池のESSなどへの用途で使用する「バッテリーの再利用」▲車両バッテリーからリチウム、ニッケル、コバルトなどの経済的価値がある金属を抽出する「バッテリーリサイクル」など、電気自動車のバッテリーの付加価値と親環境性を最大化する方案を模索するという。

現代自動車の戦略技術本部長チ・ヨンジョ社長は、「2021年から適用される電気自動車専用プラットフォーム《E-GMP》の1次電池サプライヤーであるSKイノベーションとの協力は、モビリティ – バッテリー社の協力を通じたシナジーの最大化の第一歩をはずす重要意味がある」とし、「これは現代起亜車の電気自動車競争力強化はもちろん、環境に配慮し、電気自動車の普及拡大にも積極的な役割をするものと期待している」と述べた。

SKイノベーションのチ・ドンソプ電池事業代表は、「グローバル市場で電気自動車普及を主導する現代・起亜自動車と電池の開発とリサイクルの分野で最も先進的な技術を保有しているSKイノベーションが電気自動車の生涯の全過程での協力を推進することにしたという点で大きな意味がある」とし、「双方は緊密な協力体系を構築し、バッテリーの前後バリューチェーン全体で新事業の機会を模索するなど、最終的にグリーン・ニューディールと未来のモビリティ産業の競争力向上に寄与するだろう」と述べた。
 
(参考記事:「[特集]今度はSKと協議、EV電池で全方位外交の現代自動車」)
(参考記事:「現代自動車の1次協力社が法廷管理へ…「EV車転換に部品者の危機感強まる」と韓国紙」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない